このエントリーをはてなブックマークに追加  

コープデリ・おうちコープってどんな食材宅配サービス?

 

コープデリ・おうちコープは1都10県の生協が提携し運営している利用者No.1の国内最大級の食材宅配サービスです。

 

地域によってはおうちコープという名前になりますが、どちらも生協の店舗に置かれている2000品目以上の中から注文した商品を1点から週に1度個人宅の玄関先まで配送されます。

 

コープデリの特徴をざっくりと

  • ウイークリー、デイリー、指定日お届けの3つのサービスがある
  • 基本サービスの配達は週に1回(ウイークリー)
  • 配送料は1回180円~200円程度と安価
  • 妊娠~小学生未満のお子さんがいる家庭は配送手数料無料
  • 一般食材の価格は高くも安くもない価格帯
  • コープ独自製品は激安で高品質
  • 時間短縮になるカット野菜や冷凍総菜などが豊富
  • 毎日届く夕食(弁当・おかず)の宅配サービスあり

 

サービスの種類

 

コープデリ・おうちコープが提供しているサービスは3パターンあります。

 

ウイークリーコープ

 

コープデリ・おうちコープの基本サービスはこのウイークリーコープになります。
ルート配送でコープの配達員が週に1回決まった曜日、決まった時間帯に商品を届けてくれます。

 

デイリーコープ

 

弁当・おかず、料理キット、サイドメニューなどの夕食宅配サービスです。
週3日~5日毎日配達してくれます。

 

指定日お届けコープ

 

コープみらい(東京、千葉、埼玉、)の配達可能地域のみのサービスで、最短で翌日に届くサービスです。

 

お届け日を指定できる便利なサービスですが配達地域が限られています。

 

サービスが受けられる地域

 

 

コープデリ おうちコープ
コープみらい(東京、千葉、埼玉、)いばらきコープ、とちぎコープ、コープぐんま、コープながの、コープにいがた ユーコープ(旧コープかながわ、旧コープしずおか、旧市民生協やまなし)

 

コープデリ、おうちコープの地域

コープデリ 東京、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟
おうちコープ 神奈川、静岡、山梨

 

これ以外の地域でも、各生協が独自で宅配サービスを行っていますので、全国の生協でほとんど同じサービスが受けられます。

 

コープデリ・おうちコープのサービスを受けるには、生協の組合員になる必要があるので、500円~1000円(地域によって変わる)の出資金を出す必要がありますが、解約時に返金されるので、お金を預けておく感じです。

 

ウイークリーコープの基本情報

初期費用 出資金として500円~1000円(脱退時に返金)
基本手数料+配達手数料 個人宅配1回180円~200円

子育て割引、グーループ割引などの割引がありますが地域によって違いますので、下記ページにまとめておきました。

 

⇒ 地域別割引比較一覧表

 

店舗にある商品を買いに行かなくても玄関まで届けてくれる

コープデリ・おうちコープのサービスは、コープの店舗に並んでいる商品を玄関先まで届けてくれる食材の宅配が主ですが、扱っている商品は食材だけでなく、日用品や衣類、赤ちゃん用品など幅広く扱っているので、なんらかの理由で外に買い物に出かけられない人や重いものを運べない女性などの強い味方です。

 

調理の時間短縮になりやすいカット野菜やレンジで温めるだけでおいしい冷凍総菜などの商品が豊富で、弁当などの調理済み商品の宅配など自分のライフスタイルに合った注文の仕方をすることで、毎日忙しい家事の負担を軽減することが可能です。

 

基本的にコープの店頭に並んでいる商品を注文することが可能ですが、コープに確認してみたところ、店舗にしかない商品、宅配にしかない商品というものも存在しますので、全て同じというわけでもありません。

 

価格は店頭にあるものとほぼ同じですが、生鮮食品などは毎日価格が変わりますし、カスタマーセンターの方も調べようがないと言っていました。

 

コープの食材は近所のスーパーと比べて価格はどうなの?

そこで気になるのがコープの価格設定はどうなんだ?という話ですが、近くにコープの店舗がある私の肌感覚でお伝えすると、一般的な食材は近所の激安スーパーよりもやや高めですが、コープ製品は激安スーパーと同等かそれより安い感じです。

 

コープ製品に関しては、コープで製造販売しているオリジナル製品で、かなりできがいいです。

 

コープでしか扱っていないので、わざわざコープに買いに行くものもあるぐらいですよ。

 

あとアレです。ここで書いていいか分からないのですが、大手の商品の模造品というかほぼ同じ味のものがコープ製品で提供されているので、有名企業の製品と同じ味が安く手に入ります。

 

うちはカップヌードルとかゴマドレッシングとかをコープ製品で代用しています。

 

配達料金や初期費用は?

 

配達手数料

 

配達には「基本手数料+配達手数料」がかかります。

 

各生協によって多少価格差はありますが、1回180円~200円ぐらいですので非常に安価です。

 

ただし、妊婦さんや小さなお子さんがいるご家庭の場合は、基本手数料+配達手数料が割引になる子育て割引があります。

 

妊娠中もこの割引範囲に入るので、母子手帳を受け取ったら申請することが可能です。

 

割引期間や金額に関しては、地域によって違いますので表にしてみました。

 

 

コープみらい(東京・千葉・埼玉)に関しては、妊娠~お子さんが小学校に入るまでの間、基本手数料+配達手数料がずっと無料になりますので分かりやすいですね。

 

子育て割引以外の割引もありますので、別ページで各地域ごとにまとめてあります。

 

⇒ 地域別割引比較一覧表

 

通常の配達料金は下記を参考にしてください。

東京・千葉・埼玉 基本手数料80円+配達手数料100円=180円

※6,000円以上利用で無料

群馬 基本手数料91円+配達手数料100円=191円

※11,000円以上利用で無料

長野 基本手数料100円+配達手数料100円=200円

※10,000円以上利用で無料

新潟 基本手数料80円+配達手数料120円=200円

※9,250円以上利用で無料

栃木 基本手数料100円+配達手数料100円=200円

※12,000円以上利用で無料

茨城 基本手数料80円+配達手数料100円=180円

※11,000円以上利用で無料

神奈川・山梨・静岡 100円

※5,000円以上利用で無料

 

初期費用

 

初期費用は出資金という名目で500円~1000円かかりますが、解約時に返金されます。

東京・千葉・埼玉 500円
群馬 1,000円
長野 1,000円
新潟 1,000円
栃木 1,000円
茨城 500円
神奈川・山梨・静岡 500円

 

子育て支援が手厚い

 

コープデリ・おうちコープは小さなお子様がいる世帯を支援していて、基本手数料や配達手数料が無料になります。

 

地域によって子育て支援の割引には差がありますが、全ての地域で共通しているのは未就学(小学校入学前)のお子さんがいる世帯では、何らかの割引があるということです。

 

未就学のお子さんがいる場合一番高い地域でも100円です。

 

ガソリン代や交通費と比較するとそんなに変わらないんじゃないでしょうか。

 


コープデリ・おうちコープの特徴

放射線の検査をしてるかしてないか、有機野菜は買えるか、時間短縮のためのキットがあるかなどコープデリ・おうちコープの特徴をざっとみてみましょう。

 

弁当

 

デイリーコープとは別に、ウィークリーコープにも商品としてお弁当があります。

 

冷凍と冷蔵があり、種類は毎週変わるので種類も豊富です。

 

塩分が2g以下の塩分調整食、栄養のバランスを考えた健康配慮型の特定保健用食品弁当などもありますので、一般的なスーパーやコンビニとは違うお弁当が手に入ります。

 

冷凍、冷蔵惣菜

 

時間短縮に必須なお惣菜は、冷凍、冷蔵とあり、ここでは説明できないぐらいかなり種類が豊富です。

 

特に冷凍総菜は、日持ちする上に、解凍せずにそのままレンジで温めるだけのものが豊富で時間がない主婦にはありがたい存在です。

 

フライパンで焼かなければいけないもの、自然解凍しなければならないものもありますので、うまく注文するといいと思います。

 

また、コープの惣菜は全般的においしいので一度試してみてください。

 

CoCo壱番屋のカレー、松屋、吉牛、すきやの牛丼、王将のチャーハンなど有名店の冷凍惣菜もありますので、冷凍庫にストックしておけばいつでもご家庭で有名店のメニューが味わえます。

 

料理キット

 

これもまた時間短縮に必須な料理キットも豊富です。

 

下処理などが全て終わった状態で納品されるので、あとは調理するだけです。

 

1品料理だけでなく、副菜も考えられた2品、3品の料理キットもありますので、調理時間を短縮できるだけでなく、献立を考える時間も短縮できます。

 

天ぷらの素材キットなんて、解凍して油で揚げるだけですし、カット野菜は時間が短縮できるだけでなく少人数のかたなどは無駄が出ないのでかなりおすすめです。

 

オーガニック商品、有機野菜

 

健康志向の高いかた、小さなお子様に安全な食品を食べさせたいと考えている方向けに、オーガニック食品も豊富にそろっています。

 

食物アレルギー配慮食品

 

食物アレルギーに配慮した食品も豊富にそろっています。

 

離乳食、赤ちゃん製品

 

コープは子育て支援に手厚いので、当然ながら赤ちゃん用の製品もそろっています。

 

ミルク、おむつはもちろん、作るのに時間がかかる離乳食の販売もあります。

 

子供向けの食品もそろっていますので、いざというときのために冷凍庫にストックしておくと助かるものばかりです。

 

高齢者向けのやわらかい食材

 

高齢者向けのやわらかい食材もあります。

 

区分1 : 容易にかめる
口分2 : 歯ぐきでつぶせる
口分3 : 舌でつぶせる

 

というように3段階でやわらかさが分かれており自分の好みのものを選択することが可能です。

 

夕食宅配(弁当・おかず)、料理キット、サイドメニュー

 

管理栄養士が塩分やカロリー、栄養バランスを考えた、おかずや弁当の宅配サービスです。

 

舞菜おかず(おかず)、舞菜御膳(野菜を多く摂りたい方向けのおかず)、舞菜弁当(高齢者向けバランス栄養弁当)、エネルギー塩分調整食(おかずのみ・ごはん付き)などが、週3日~5日注文できます。。

 

週に1日だけなど単発では注文できず、週3日~になることにご注意ください。

 

1食あたり496円~680円と、管理栄養士がついている弁当としてはかなりリーズナブル。

 

デイリーコープのサービスになります。

 

生産者表示

 

生産者の顔が分かる食品を購入することができます。

 

カタログに生産者の写真付きで出ています。

 

原産県表示

 

カタログにはどの県で生産された食材か一目でわかるように表示されています。

 

放射性物質

 

放射性物質の検査もしっかり行われています。

 

このへんは一般的なスーパーより安心できるかなあと思います。

 

減塩、健康配慮、特定保健用食品

 

管理栄養士が管理した、体にいい食品もそろっています。

使うと得するパターンの人~こんな方へおすすめ!~

価格設定と宅配の配達料金を考えると、食材にこだわりはなくて高価な食材は必要ないんだけど、重いものやかさばる物を配達してくれたら便利だな~というライトなユーザーから、赤ちゃんがいて買い物にいけなくてどうしても利用しなければならないような依存型のユーザーがいると思います。

 

私の実家の場合は、母が自動車の免許を持っていないので食材のすべてがコープデリでした。

 

都会ならまだしも、田舎で自動車の免許がないというのは主婦にとって死活問題です。

 

一番近いスーパーでも徒歩30分でしたし、そのスーパーはコープよりも食材の価格が高めなので、コープデリを使うのはメリットしかなかったんだと思います。

 

母は現在でも利用していますので、かれこれ30年以上のヘビーユーザーです。

 

私がこのような食材の宅配サービスを使っているのは母の影響が強いかもしれませんね。

 

以下、コープデリを使った方がいいというか、私が使うべきだと思うパターンを載せておきます。

 

妊娠中

妊娠中は、重いものを持つのはNGです。

 

寒い冬に出かけて、雪や氷で滑って転倒することだって考えられます。

 

妊娠中は配送料が無料ですので有効活用しない手はありません。

 

配送手数料が無料になるお子さんが小学生に上がるまでの間だけ使うという賢い選択をしてみてはいかがでしょうか。

 

また、食材は安心の国産が選べますので、生まれてくる赤ちゃんにも安心という意味でもおススメできます。

 

小さな子供や赤ちゃんがいる

 

小さなお子さんがいる場合は出かけるのがかなり大変です。

 

赤ちゃんのうちはまだいいのですが、1歳、2歳となると自分で勝手にどこかに行ってしまうので目を離せませんし、駐車場など危険がある場所では手を放すこともできません。

 

これが2人、3人となると、購入した食材を片手で持ちながら子供に目を配るなど至難の業です。

 

お米や飲み物など重いものを購入した場合は、お子さんを自動車に連れていった後、自動車との往復で体力を消耗してしまいますよね。

 

前述しましたが、食材も国産を選ぶことができますので、大切な子供さんたちに安全な食材を使った食事を食べさせることもできますし、お子さんが小学生になるまでの期間は配達手数料が無料になりますので、その期間だけ限定で申し込むというのが最も賢い選択しかと思います。

 

シングルマザーで親にサポートを頼めないなどの事情がある人などに、コープデリは特におススメです。

 

高齢者

日本はこれから超高齢者社会になっていきますので、一人暮らしの高齢者も増えていくのですが、それに伴い様々な問題が出てきます。

 

安否確認、食材の買い物、雪国であれば雪かきなど地域によって様々な問題が出てくるのですが、食材の買い物に関してはコープデリで解決できます。

 

高齢になると、体のどこかに問題を抱えていることも珍しくありません。

 

足が悪い、腰が悪い、体力の問題などあげればきりがありませんが、高齢者と食材の宅配サービスの相性はピッタリです。

 

重いものは玄関先まで運んでくれますし、商品の注文もインターネットだけでなく、注文用紙での注文もでき毎週配達員が回収にきてくれますので、PCやスマホがなくて注文できます。

 

少量の調理を毎食行うのが大変という方は高齢者用の夕食宅配サービスがおすすめです。

 

また、遠距離で1人暮らしをしている親がいる場合は、安否確認もできます。

注文方法は3パターンから選べる

注文方法は、インターネット、電話、専用用紙の3パターンからお好きな注文方法を選ぶことができとても便利です。

 

インターネットは「コープデリeフレンズ」で、パソコン、スマホから注文できます。

「結局高い買い物になりそう」と思ったかたへ

「便利なのはわかったけど、近所のスーパーで安い商品を買った方が結局お得だから、頑張って買い物に行くわ」と思った方もいると思います。

 

私もそう思います。

 

毎日新聞の折り込みチラシをみて、安い食材にチェックをし、激安スーパーのはしごをすれば、ガソリン代を入れても多少安くなるハズなので、1年間である程度の差が出てくると思います。

 

物価は都会は高めで田舎は安い傾向にあると思うので、住んでいる地域によっても変わりますが、コープはスーパーの中では真ん中ぐらいの価格帯です。

 

ですが、別に全ての食材をコープデリで買う必要はありません。

 

重いものやかさばるものをコープデリで注文し、安い食材は自分で買いにくというように賢く併用していけばOKなわけです。

 

また、コープは国産の食材、有機野菜、オーガニック食材などの食材がそろっている上に、放射線の検査もしているので安心と安全を買うことができます。

 

時間がない主婦は料理キットや1食だけデイリーコープで管理栄養士監修のお弁当を頼むなどして、それ以外は安い商品をはしごして買うのもいいでしょう。

 

小さなお子さんがいて出かけられないかたは平日だけコープデリで注文し、休日は家族でスーパーマーケットに買いものに行くなんてイメージもできます。

 

安い高いだけで考えずに、普段は近所のスーパーで買い物をし、いざというときには時間や安心を買うという感じで賢く併用してみてはいかがでしょうか。

コープデリ・おうちコープ記事一覧

コープみらい(東京・千葉・埼玉)通常:基本手数料80円+配達手数料100円=180円母子手帳の交付~未就学のお子さまがいる世帯基本手数料、配達手数料無料満65歳以上配達手数料無料(実費80円)障がい者手帳をお持ちの方配達手数料無料(実費80円)り災証明書の交付地域1年間無料2人で利用する場合一人80円3人で利用する場合無料コープぐんま通常:基本手数料91円+配達手数料100円=191円母子手帳交付...